カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

気ままにアトリエ訪問 2話 〜中央アジアの器のおはなし

シルクロードを通じて生活文化を探る

当サイトに参加中の漆芸家、中村真さん。
中村さんの作品は、確かな描写力が作品にキレを感じさせます。
今回は、千葉県にある中村さんのアトリエへ訪れました。

art products@japan

【プロフィール】
2000年 東京芸術大学大学院美術研究科漆芸専攻を修了

2005年から3年間 タシケントの民族楽器工房でシルクロード中央アジアの伝統木工を学ぶ

2009年から千葉県松戸市に工房を構え、瓢簞、木、乾漆などの漆のうつわを中心に制作活動をしています。
カルチャースクールなどでうるし造形、金繕いのお教室も担当しております。


art products@japan

日本とアジアの、生活文化の関わり探るべく、シルクロードに繋がるウズベキスタンへ留学をされた中村さん。
日本の漆器と同じように、それぞれの生活文化に根付く道具として食器が存在していたという。
使い手によって、改良されて最も使い勝手がよい形、そして素材。
鍋肌に沿うように改良されたお玉は、興味深い。
Nakamura that it was studied abroad to Uzbekistan which led to the Silk Road in order to investigate Japan and a relation of the Asian life culture.
In the same way as Japanese lacquerware, it is said that tableware existed as a tool rooting in each life culture.
The form that the tableware as the tool is improved, and is the most convenient and material.
The improved big spoon is in particular interesting to comply with pan skin.

art products@japan



これは文化や風土を知る上でも器の存在は無視できない。
中村さんが生活したウズベキスタンでは、漆器よりも陶器が主流。
色鮮やかな器のデザインは、太陽の香り、乾燥した土地の香り、自然の恩恵を感じさせます。
日本の茶碗の形に似た器は、やはり親近感を覚えます。
The existence of the tableware cannot ignore this in knowing culture and the climate either.
In Uzbekistan where Nakamura lived, ceramics is more mainstream than lacquerware.
The design of colorful tableware lets you feel a smell of the sun and the dry soil and lets you right feel a benefit of nature.
After all the tableware like the form of the Japanese bowl learns a sense of closeness.

art products@japan

art products@japan

art products@japan




中村さんの作品はこちら
Work of Nakamura

中村真 瓢箪のうつわ art products@japan  100%天然素材の瓢箪のうつわ

   ユニークなデザインの提灯椀

ページトップへ