カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

会津塗の魅力


art products@japan

 日本有数の豪雪地帯が育むアート

福島県 会津地方で盛んな伝統工芸「会津塗」。art products@japan
では会津塗を普段使い出来る漆器として若手作家とオリジナル作品を制作しています。会津塗の特徴である「消し蒔絵」とは、金粉と色粉を混ぜて装飾する技術です。蒔絵は他に磨き蒔絵という金粉をふんだんに使った技法もあります。ご案内する作品の多くは、多くの方に普段から使えてそして、華やかな器を使って頂きたく会津塗の消し蒔絵の器を多く揃えています。

art products@japan




作家のことば<第四話>

漆芸家・鳥毛 清に聞く

art_products@japan

沈金という技法で独創的な漆芸作品を生み出し続けている鳥毛清さん。

漆器の魅力や、作品制作の醍醐味、漆芸の未来などについて語っていただきました。

(プロフィール)
●鳥毛 清(東京都江東区在住)
1955 年、石川県穴水町生まれ。石川県立輪島実業高校木材工芸科を卒業後、人間国宝前史雄氏に師事する。日本伝統漆芸展文化庁長官賞、日本伝統漆芸展東京都知事 賞、高松宮記念賞などを受賞。現在、日本工芸会正会員(東日本支部幹事)、日本文化財漆協会会員(常任理事)、東京藝術大学非常勤講師を務める。


漆芸の可能性

鳥毛さんが娘さんのために作ったのが、漆で描いた作品を印刷原稿として出版した絵本。「CDジャケットや小説のブックカバーなどもやってみたい。あと、三作目の絵本ですね」
鳥毛さんは漆をアートの素材として考えている。コラボレーションで量産が可能になるのも魅力だ。「お椀を100人の人に提供するのも漆の作家の使命だと思うけど、印刷物に形を変えて1万人の人にふれるのもいいんじゃないかな」

art_products@japan

しまい込まず、実用品として使ってほしい

「僕は箱をメインに作ってるけど、『しまわないでください、お客さんが来たら見せてあげてください』とか、『宝石でも何でも入れて使ってもらえるとうれしい』と言っても、やっぱり使ってもらえない」と鳥毛さん。かつて刀の鞘や甲冑、印籠、塗り籠などの漆製品は、屋外で実用品として使われていたのに……。
高価なものだからと過保護にしなくていい。
「実際使うと丈夫なものです、もっと世の中にあふれていていい。それが宣伝にもなります」

art_products@japan



用の美だけにとらわれずに

「日本の若い人は上手なんだけど、感性を表現して売り出す方法を知らない」。技術だけではなく、目を引くデザインも必要と考える鳥毛さんは、若い作家たちにがんばってほしいという。
鳥毛さんによれば、伝統工芸の世界は「用と美」にとらわれてきた。そもそも、道具として使えることだけが「用」だろうか。
「精神的に疲れた時にとふと見上げると、小さい漆塗りのパネルがあって、なんとなく心が安らぐ。これは精神的な用途だと思います」
art products@japan

(編集後記)
取材を終えて
「いちばん難しいところから彫っちゃう。動物の場合は目から」とおっしゃっていた鳥毛さん。最後の最後で失敗すると、積み重ねてきた工程が無駄になってしまうシビアさが沈金の世界にあることを知りました。
伝統工芸の印象が強い漆芸の世界ですが、従来なかった形での作品作りにチャレンジするためにも、海外へ出ないといけない……
鳥毛さんのそんなメッセージも印象的でした。



作家のことば  <第一話>

漆芸家・鳥毛 清氏に聞く

沈金という技法で独創的な漆芸作品を生み出し続けている鳥毛清さん。
漆器の魅力や、作品制作の醍醐味、漆芸の未来などについて語っていただきました。
art_products@japan




(プロフィール)
●鳥毛 清(東京都江東区在住)
1955年、石川県穴水町生まれ。石川県立輪島実業高校木材工芸科を卒業後、人間国宝前史雄氏に師事する。日本伝統漆芸展文化庁長官賞、日本伝統漆芸展東京都知事賞、高松宮記念賞などを受賞。現在、日本工芸会正会員(東日本支部幹事)、日本文化財漆協会会員(常任理事)、東京藝術大学非常勤講師を務める。




■漆には、ほかの塗料にはない趣がある

「漆の最大の特徴は艶、見た目の美しさ、神秘的なところ。
漆黒ということばがあるように、漆の黒は最高峰の塗料だと思います」と語る鳥毛さん。
「漆の朱、黒が持つ艶というのは、ほかの塗料にはない深みというか、趣がありますよね」
漆に「日本」を感じるのは、日本人だけではない。
何しろ漆器は英語で“Japan”と表記されるのだから。

art_products@japan



■漆器は本来、丈夫なもの

とはいえ、かつてほど使われなくなっているのが漆の器。
取り扱いに注意が必要な上、高価だし、漆にかぶれることもないわけではない。
「実は私、主夫やってますが(笑)、そんなに気構える必要はないんです。後かたづけするときに、傷つきやすい塗り物の味噌汁椀を、他の食器とは別のポジションに置いておくぐらい。
で、普通の家庭にあるスポンジに中性洗剤をつけて先に洗えばいい」
食器洗い機や電子レンジには入れない方がいいが、基本的に漆は丈夫な塗料。
実際、何百年もの時を超えた漆器もある。


art_products@japan



■お椀1個でわかる漆器の魅力


「味噌汁椀1個だけでも使ってみてほしい。
冷めにくいし、唇に当たる感触や指がかりまで吟味された形になっているのもわかるはず」と鳥毛さん。
西洋とは違い、日本人は各自が専用の箸やお椀、茶碗などを持っている。
「重みとか、質感とか、いろんな点を考慮して自分好みのものを買い求める。
それが日本人のこだわりなんだから」

art_products@japan



作家のことば<第二話>

漆芸家・鳥毛 清に聞く


art_products@japan

沈金という技法で独創的な漆芸作品を生み出し続けている
鳥毛清さん。

漆器の魅力や、作品制作の醍醐味、漆芸の未来などについて語っていただきました。

(プロフィール)
●鳥毛 清(東京都江東区在住)
1955年、石川県穴水町生まれ。石川県立輪島実業高校木材工芸科を卒業後、人間国宝前史雄氏に師事する。日本伝統漆芸展文化庁長官賞、日本伝統漆芸展東京都知事賞、高松宮記念賞などを受賞。現在、日本工芸会正会員(東日本支部幹事)、日本文化財漆協会会員(常任理事)、東京藝術大学非常勤講師を務める。


■沈金との出会い

「絵を描かせてくれる学校が輪島にできたというんで入学したら、輪島塗の後継者を育成するような学校で」。
こうして漆芸の世界に足を踏み入れることになった鳥毛さん。「本当は美大まで行きたかった。日本画がやりたくて」
現在、鳥毛さんは、輪島塗伝統の沈金という技法で画力を発揮している。
沈金とは、塗り重ねた漆の表面に沈金刀で絵を彫り込み、金粉を擦り込んで絵を浮かび上がらせる技法だ。

art_products@japan

art_products@japan

■刃物で表現するやわらかさ
古道具屋で買い求めた漆器を手に取り、「これが名人芸。100年ほど前にこういうすばらしい沈金があったわけですよね。
今でも参考にするんだけど」と語る鳥毛さん。
曲がった部分の彫りは特に難しいという。
「沈金は刃物を使うんだけど、やわらかく表現する。
やわらかい毛を使う蒔絵は逆に固く描く。逆なんですよね」
彫りの瞬間は緊張する。
漆の塗りが良くないと、刃を当てた途端「あ、だめだ」と思うことも。
だから、最初の一刀は「とても怖い」のだという。

art_products@japan


■各地で進化した沈金
明治中期になると販売手法に長けた輪島が漆器の売り上げを伸ばしていく。
これに伴い、各地にあった沈金の技法は輪島のそれに変わっていった。
「下地に合わなかったのか、沖縄や秋田などは輪島の沈金刀が流行らなかった」と語りながら、様々な形状の沈金刀を取り出す鳥毛さん。
ミャンマーや中国のものもある。
「輪島の沈金刀が素晴らしいのは、引くだけでなく押しても使えること。点彫りができ、角度で太さも加減できる」
一本の沈金刀で様々な彫りができるようになるまでが大変。
教室など開くと、その練習の辛さでやめてしまう人も多いという。

art_products@japan

作家のことば<第三話>



漆芸家・鳥毛 清に聞く

art_products@japan

沈金という技法で独創的な漆芸作品を生み出し続けている鳥毛清さん。
漆器の魅力や、作品制作の醍醐味、漆芸の未来などについて語っていただきました。

(プロフィール)
●鳥毛 清(東京都江東区在住)
1955 年、石川県穴水町生まれ。石川県立輪島実業高校木材工芸科を卒業後、人間国宝前史雄氏に師事する。日本伝統漆芸展文化庁長官賞、日本伝統漆芸展東京都知事 賞、高松宮記念賞などを受賞。現在、日本工芸会正会員(東日本支部幹事)、日本文化財漆協会会員(常任理事)、東京藝術大学非常勤講師を務める。


■下絵がないゆえに発揮される集中力
鳥毛さんの作品は基本的に一点物。しかも下絵なしで彫りを進めるという。「昔は下絵通りに彫っていたけど、“作業”になってしまって退屈」。下絵なしで彫るのは結構スリリングなかわり、集中力が途切れないのだという。
漆芸の世界は効率のため早くから分業化が進み、彫師も図案通りのものを量産する。鳥毛さんもそういう修業はしたが、長く続けることはできなかった。「作家になりたいという思いが、小さなころから強過ぎた」鳥毛さんは独自の道を行き、現在に至っている。

art_products@japan

■同じ物を作るのは苦手
同じ物をもう一つ作ることがない鳥毛さん。もし作ったとしても「2回目はもっときれいにできちゃって、逆に迫力がなくなる」と語る。「気合が違うというか……最初の作品というのはちょっと無骨で間違いがあったとしても、やっぱりオーラがありますね」
まるで細密画のような作品の数々は、一回だけの本番という緊張感のなかで生み出されているのだ。

art_products@japan

■独自のモチーフ
うさぎの毛の質感まで感じられるかのような作品だが、2本のノミしか使われていない。「バックの荒い点彫りと、うさぎの腹と鼻はおんなじノミ。作品が1本のノミで仕上がるなんてこともありますよ」
そもそも、モチーフがいわゆる伝統工芸品とは一線を画している。「ヨーロッパの絵画のように写実的な表現。若い時には非難されたこともある」そうだ。「かわいいとか、やわらかいとか、きれいとか……外国人や子どもにも親しみを感じてもらえたら」と鳥毛さんは語る。

art_products@japan


art_products@japan

ページトップへ